思い出を残す方法|日本らしい挙式をしたいなら和婚を選びましょう

日本らしい挙式をしたいなら和婚を選びましょう

思い出を残す方法

カップル

人気の方法

結婚式の思い出を残す方法として、写真と並んで人気があるのが動画です。動画は、結婚式の雰囲気そのものを残すことができます。また、参列者にお祝いコメントを貰ったり、新郎新婦の見えない部分を録画することなどもでき、サプライズ要素もあり人気があります。結婚式場は、提携のカメラマンがいるところが多いです。そのようなカメラマンは、式場をよく知っているので、ビデオに残しておくべきベストタイミングやベストスポットを把握していることが多いので、とても素敵な動画を撮ることができます。また、最近ではビデオカメラの価格も安くなり、自分たちの親族などに頼んで撮ってもらうカップルも多いです。編集も簡単にできるようになり、手軽に思い出として残すこともできます。

プロに頼む場合

プロのカメラマンに頼む場合、結婚式場の提携カメラマンの他にも、自分たちでカメラマンを見つけることができます。それぞれにメリットとデメリットがあるので、どちらが自分たちに合っているのかを見極める必要があります。提携のカメラマンの場合、式場内で融通が利くことが多いです。結婚式で動画を撮る場合、結婚式場によっては制限があるところもあります。例えば、チャペルでの式の場合、提携のカメラマンは神父側から撮ることが可能ですが、外部カメラマンは参列者席からしか取れないなどと決められている場合があります。提携のカメラマンの方が、いろいろな角度から映像を残すことができます。反対に、外部で自分たちと相性のいいカメラマンを見つけた場合、そちらの方が自分たち好みの映像が残せる場合も多いです。また、提携のカメラマンより安く頼めることもあるので、費用の節約にもつながります。自分たちがどんな動画を残したいかをきちんと決めることが、素敵な結婚式の思い出を残す第一歩になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加